木の奥

​坂田 学

solo album

KI-NO-OKU  /  Manabu Sakata
CD, Vinyl,
High-Resolution Audio
in stores now

制作期間10年を費やし豪華なメンバーと共に作り上げた、 ”ドラマー・ソングライター“ 坂田学の実質的ファースト!

アンビエント、ミニマル、音響的なサウンドを内包した歌もの中心のポップ・アルバムに仕上がった今作は、

これまでのキャリアの延長線上にありつつも一線を画する新境地。 

​Tracks

#1  モノクローム / Monochrome

#2  ウーレイロー / Ureiro

#3  ヴィクティムとヒポクリット / Victim and Hypocrite

#4  木の奥 / Deep in the Heart of a Tree

#5  回転する空白 / Revolving Blank Spaces

#6  1月のピアノ / Piano in January

#7  静寂 / Silence

#8  good night my daughters  good bye our yesterday

All Tracks Written and Produced by Manabu Sakata

#8 Co-Produced by zAk

■Musicians

坂田学(vocal, piano, guitar, bass, 

     synthesizer, electronics, drums, etc.)#1-8

鹿島達也(bass)#2,3,4,7 

エマーソン北村(piano, keyboards)#2,3,4 

石井マサユキ(guitar)#2,3,4 

おおはた雄一(guitar)#2,3,4 

朝倉真司(percussion)#2

イノトモ(chorus)#2, 3

影山敏彦(guitar)#4

吉野友加(harp)#4

中島ノブユキ(piano)#7

高田漣(guitar)#7

橋本歩(cello)#7

今井香織(cello)#7

萩原薫(viola)#7

坂田桃子(violin)#4

■Rec & Mix エンジニア

中野正之  #2,3,4,6 

笹原与志一  #7

zAk  #8

坂田学  #1,5

■マスタリング・エンジニア

zAk

■カッティング・エンジニア(Vinyl)

小鐵徹

■Format: CD      ●商品番号: LR-001        ●発売日: 2017.01.18        ●税抜定価: ¥2,300(税込 ¥2,484)        

■Format: Vinyl      ●商品番号: LR-002          ●発売日: 2017.03.15      ●税抜定価: ¥3,300(税込 ¥3,564)

■Label: Lifework Records

■Manufactured by Coyote Invention Ltd.

■ディストリビューション: TOWER DISTRIBUTION

 

​● タワーレコードをはじめ全国のレコード/CDショップにて取扱

● オンライン・ストア

  TOWER RECORDS ONLINE

  Amazon.co.jp

  Lifework Records On Line Store

ハイレゾ配信      ●配信開始日: 2017.05.29        ●配信サイト: OTOTOY  配信ページ http://ototoy.jp/_/default/p/75031

         ●Audio Format: 24bit/88.2kHz        ●ファイル形式: WAV, FLAC, ALAC, AAC

         ●アルバムまとめ購入価格: 2,300円(税別) ※アルバム購入特典: アルバムまとめ購入にて、CDと同様のブックレットPDFが付属

         ●単曲価格: 各500円(税別)

通常配信    ●iTunes Store, Apple Music, Amazon Music, Prime Music, e-onkyo music をはじめ、各配信ストアにて配信中

         各配信ストアへはこちらのページのリンク一覧から

                 ↓

         https://www.tunecore.co.jp/artist/manabusakata#r391277

         iTunes Store, Apple Music, Amazon Music, Prime Music, Oricon ME!, mora, KKBOX, Google Play Music, レコチョク,

         e-onkyo music, AWA, Spotify, dミュージック, Music Store powered by レコチョクひかりTVミュージック,

         dヒッツ powered by レコチョク, ニンテンドー3DS, replay, OTORAKU, mysound, スマホでUSEN, USEN550ch × HMV, うたパス,           music.jp STORE, Rakuten Music

News

 

May 17, 2020

6/5に予定のWyolica ビルボードライブ大阪公演が新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から中止に決定。

【Wyolica 20th Anniversary Premium Live-who said “La La…”? Billboard Tour 2020-】
(中止) ◆大阪公演 2020年6月5日(金)

https://azumi.asobisystem.com/news/326892

May 04, 2020

Wyolica 「さあいこう」のテレワークver.
YouTubeで公開されました。

坂田学も参加!

https://youtu.be/3PG2Udkx0A8


  5月2日から【Wyolica 20th Anniversary Premium Live -who said "La La…"? Billboard Tour 2020-】を行う予定だったWyolica。ツアーの東京公演が新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期となったことから、予定していた東京公演の5月2日に何かファンに届けられないかと急遽演奏動画が制作された。

 セッションには、WyolicaのAzumi(Vo)、so-to(Gt)のほか、SWING-O(Key)、澤田浩史(Ba)、坂田学(Dr)、有坂美香(Cho)の6人が参加している。

◎公演情報【Wyolica 20th Anniversary Premium Live -who said "La La…"? Billboard Tour 2020-】
2020年6月5日(金)ビルボードライブ大阪
2020年7月25日(土)ビルボードライブ東京

Apr 26, 2020

5/3(日)OAのNHK BSプレミアム / 玉置浩二ショー にバックバンドのメンバーとしてドラムで参加します。


5月3日(日)[BSプレミアム]後10:50
玉置浩二ショー「音楽のチカラ~絢香・いきものがかり・ジェジュン~」


https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=23187

Apr 07, 2020

5/2に予定のWyolica ビルボードライブ東京公演が新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から延期決定。振替開催日は7/25に。

【Wyolica 20th Anniversary Premium Live-who said “La La…”? Billboard Tour 2020-】

◆東京公演〈中止〉
2020年5月2日(土)
1stステージ開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ開場18:30 開演19:30
サービスエリア ¥7,200 カジュアルエリア ¥6,200


〈振替開催日〉2020年7月25日(土)
1stステージ開場15:30 開演16:30 / 2ndステージ開場18:30 開演19:30
サービスエリア ¥7,200 カジュアルエリア ¥6,200
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=12097&shop=1

Mar 05, 2020

デビュー20周年の節目に再始動したWyolicaが東京と大阪で初となるビルボードライブツアーを行うことが決定! 坂田学がドラムで参加します。

Wyolica 20th Anniversary Premium Live-who said “La La…”? Billboard Tour 2020-

5/2(土)ビルボードライブ東京

6/5(金)ビルボードライブ大阪

▼ Member

 Azumi (Vocals)
 so-to (Guitar)
 SWING-O(FLYING KIDS) (Piano, Keyboards)
 澤田浩史 / サワダヒロシ (Bass)
 坂田 学 / サカタマナブ (Drums)

http://www.billboard-live.com/

 

Mar 05, 2020

3/15 東京国際フォーラムで開催の「あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020」は、

公演中止になりました。

以下、オフィシャルサイトからの引用です。

  ↓

『あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020』中止のお知らせ
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の防止と、お客様および関係者の安全を考慮した結果、3月15日(日)東京国際フォーラム・ホールAで開催予定の『あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020』を【中止】させていただきます。

本イベントを楽しみにしていただいておりました皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

【チケットご購入者様へ】
ご購入いただきましたチケットについては『払い戻し』とさせていただきます。
払い戻しの詳細に関しては、「あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020」公式ホームページで3月11日(水)をめどにご案内いたしますので、チケットを無くさないようにお手元に大切に保管して頂きますようお願い申し上げます。
払い戻しにはチケットが必ず必要になりますので、紛失なされないようにご注意ください。

開催直前のご案内になりましたことを重ねて心よりお詫び申し上げます。
ご理解、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
令和2年3月6日
株式会社ニッポン放送
株式会社ミックスゾーン

http://www.anosuba.net/

Feb 28, 2020

3/8,9 川江美奈子さんのライブに坂田学がドラムで参加します。


3/8(日), 9(月)川江美奈子 Birthday Special Live 2days 〜時のごほうび〜
川江美奈子(vo)
黒瀬浩一(g) 坂田 学(ds) 村田 昭(key)
JZ Brat SOUND OF TOKYO 

http://www.jzbrat.com

http://www.minakokawae.com/live/2020/02/308.php

 

Feb 23, 2020

3/15 東京国際フォーラムで開催の「あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020」に

坂田学がバンドメンバーとして参加いたします。

あの素晴しい歌をもう一度コンサート2020

2020年3月15日(日) 開場 15:00/開演 16:00

東京国際フォーラム ホールA

【住所】〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

泉谷しげる/イルカ/尾崎亜美/きたやまおさむ/清水ミチコ/杉田二郎/南こうせつ
ニッポン放送パーソナリティ:上柳昌彦/松本秀夫
※五十音順
バンドメンバー: 高田漣(ギター)/坂田学(ドラム)/鈴木正人(ベース)/ハタヤテツヤ(鍵盤)/ツヤトモヒコ(コーラス)/星野みちる(コーラス)

 

http://www.anosuba.net/
 

 

1 / 24

Please reload

Movie

 
 

Media

Special

レコーディングエンジニア / 中野正之氏のコメント

とりかかりから10年。

私と一緒にスタジオを探し始めて3年。

たくさんのカーブを曲がり、幾つもの季節をすごしながら ・・・  Read More

シンガー・ソングライター / おおはた雄一氏のコメント

アルバムが届いた時の嬉しさ。

ジャケットの手触りの楽しさ。 Read More

レコーディングエンジニア / 笹原与志一氏のコメント

10年の時間を携えて完成した音楽。

初期に誕生した音も最終の音も不思議と同じ時空に存在している。 Read More

シンガーソングライター / イノトモさんのコメント

「木の奥」。

ジャケットの手触りが好き。

丁寧に丁寧に紡がれた音たちの、・・・Read More

tico moon / 吉野友加さんのコメント

じっくりと時間を掛けられた作品に参加できたこと、

じっくりと時間を掛けて作品に向かいあえる坂田学さんと出会えたこと、​  Read More

tico moon / 影山敏彦氏のコメント

下北沢の小さなライブバーで初めて坂田さんとセッションしたのはいつ頃の事だったのでしょうか。

真摯に歌とギターに向き合う坂田さんの・・・ Read More

音楽家 / 高田漣氏のコメント

それこそ超がつく売れっ子ドラマーの坂田学くんだが、

忙しいスケジュールの合間を縫って ・・・   Read More

ベーシスト(鹿の一族, SCOF4) / 鹿島達也氏のコメント

そうですか、、もう10年になりますか。

2008年の「静寂」のレコーディングに呼んでいただいて以来、

折にふれては、ライブや録音でベースを弾かせてもらって来ました。 Read More

ギタリスト(TICA, Gabby&Lopez) / 石井マサユキ氏のコメント

レコーディングでは、彼の庭で遊んでいるような感覚で演奏しました。

とても良い時間でした。参加することができて嬉しかったです。

何度も推考を重ねてじっくりと・・・ Read More

ミュージシャン / エマーソン北村氏のコメント

坂田くんがひとりでライブしているという話を聞いて

下北沢の 440 に出かけたのは、いつだったかな?

それから何度かライブでもご一緒し、  Read More

カッティング・エンジニア / 小鐵徹氏のコメント

清楚で清潔感溢れる曲、深淵で透明感のあるサウンドで、

心地よく漆黒の宇宙に誘われる様な気持ちにさせられる

1枚のレコードです。​    Read More

絵描き/ライブペインティングパフォーマー / 近藤康平氏のコメント

坂田学さんから新譜「木の奥」が届きずっと聴いている。

10年かけて作られたアルバムだという。

 

本当に素晴しい。

坂田さんの優しさ、聴こえてくるよう。

なによりも素晴しいのはタイトルの「木の奥」。​ Read More

音楽評論家 / 萩原健太氏のコメント

 10年か。制作期間、およそ10年。構想および準備期間を入れればもっと長くなるのかもしれない。この時間軸に、まず心がときめく。世の中には、たとえばレコーディング開始から完成版のリリースまで、なんと38年かかったビーチ・ボーイズの『SMiLE』というツワモノもあるが、作り捨て/聞き捨てを基本にスピーディに時代を駆け抜けることを宿命づけられたポップ・ミュージックの世界で10年という制作期間はやはり珍しい。

 まあ、長ければいいというものではないことはもちろんだが、坂田学が10年費やして・・​・ ​Read More

音楽プロデューサー / 牧村憲一氏のコメント

坂田学の木

 

歌う。ということには、歌いたいが含まれている。歌いたいということは、歌で表現したいことがあるということだ。歌にはメロディがあり、歌詞、言葉がある。坂田学のフルアルバム『木の奥』は・・​・ ​Read More

Please reload

​坂田 学

​音楽家

Manabu Sakata

Musician

1973年12月12日広島県尾道生まれ、埼玉育ち東京在住。父はジャズサックス奏者の坂田明、母はピアノ教師。ボーダレスな音楽環境で育ち、幼少期にピアノを習い、10歳でドラムを始める。中学校の吹奏楽部でトランペットを吹いていたが挫折。高校時代から本格的にドラムを再開し、93年米国Musical Instituteへ留学。94年に帰国し、ドラマーとして活動を始める。共演者は、森山直太朗、ハナレグミ、秦基博、中島美嘉、松下奈緒、ハンバートハンバート、Bonnie Pink、トータス松本、等のポップス系から、大友良英、塩谷哲、勝井祐二、坂田明、ジム オルーク、小沼ようすけ等のジャズ、即興音楽まで幅広い。ピラニアンズ、Polaris(05年脱退)、ボッサピアニキータ、ダブダブオンセン、the Herz(ザ・ヘルツ)等のバンドでも活動してきた。2004年より多数の楽器と映像を使ったソロ活動をスタート。2005年、アンビエント、エレクトロニカ、ミニマル、ダブなどの要素を独自に融合させたインストゥルメンタル・ソロアルバム「Solo Live at Penguinhouse」「Music for Nyancos ~ Hello ! Brilliant future」「gradation」をリリース。06年、エレクトロニクスとドラムを中心にパフォーマンスするスタイルで、凧の箱(カイトボックス)「なにげないもの」の舞台音楽、ギャルリ百草で行われたファッションショーFASHION×SESSION「呼吸する布」の音楽を手がける。毎回趣旨の違うソロライブを定期的に行う中で、”歌もの”の曲も増えてゆき、徐々にドラマーとシンガーソングライターが交錯。2013年からソロライブを休止し制作に集中する。制作期間10年を経て自身初のスタジオ録音による歌もの中心のアルバム『木の奥』を 2017年にリリースした(CD, レコード、ハイレゾ及び通常配信)。6,7月には「坂田学&おおはた雄一 ダブルリリースツアー ”タイム・フライズ&木の奥”」を東京, 名古屋, 大阪, 京都の4箇所で開催。10/23「木の奥」に参加した8人を迎え、レコ発ライブ「坂田学 Tree Octet」を下北沢440で行なった。2019年公開の映画『よあけの焚き火』で自身初の映画音楽を手がける。

Photo by Kelton Boyer

 

坂田学のレコード/CDの販売店募集

坂田学のレコード/CDの販売店を募集いたします。

レコード/CD店以外の業態でも構いません。

雑貨店, セレクトショップ, カフェ, ギャラリー, etc…

下記の入力フォームから送信下さい。

販売条件などのご案内をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

©2019 by Coyote Inventin Ltd.